産経新聞

send link to app

産経新聞



Free

紙面そのまま電子新聞といえば産経新聞「産経新聞」が、紙面体裁そのままで読めます。朝刊は東京最終版、夕刊は大阪最終版になります。経済情報紙「フジサンケイビジネスアイ」も同じアプリの中で購読できます。記事のテキスト表示機能を追加・ 紙面記事をテキストでも表示する機能を追加しました。メニューから記事一覧を選択するか、紙面を長押しし、テキスト表示させたい記事を選んでください。
・キーワード検索もできますメニューから「検索」を選択し、検索窓にキーワードを入力すると、そのキーワードを文中に含む記事を抽出します。検索対象は端末にダウンロードされている記事です。
毎朝5時に"配達"いずれの新聞も朝刊は午前5時過ぎをめどにお届け(事情により遅れることもあります。ご了承ください)。午前5時過ぎてアプリを起動したら、読みたい新聞の1面画像をタップしてください。紙面データのダウンロードを始めます。または、メニュー > その他 > 更新の確認をタップしてください。
夕刊は午後5時過ぎに最新版をお届けします(購読者向け機能)。いずれも過去3カ月分のバックナンバーをお読みいただけます(購読者向け機能)。
オフラインでもサクサク全部の紙面データをダウンロードし終わった後は、地下鉄の中などオフラインの状況でも紙面を読むことができます。紙面のダウンロードは、Wi-Fi環境で行うことを推奨します。毎朝、通勤の前にご自宅等で行なってください。
紙面を切り抜いてアプリ内のスクラップ帳に保存することができます(購読者向け機能)。
多角情報のハブに「夕刊フジ」(紙面購読は有料)、「サンケイスポーツ」(同)、「産経ニュース」との連携も。ストア画面上の媒体紙面イメージを押してください。
通勤の電車で産経新聞とビジネスアイにサンスポ。日中は産経ニュースアプリで随時の速報を入手。帰宅の電車の中では、夕刊フジの独自の切り口でその日のニュースを別の視点で読む。多角的な情報収集のハブツールになります。
その他ビジネスアイは日曜日は休刊です。産経新聞は新聞休刊日の翌日はお休みです(前日の1面でお知らせします)。広告、記事の一部は掲載しないものもあります。ご了承ください(グレーで塗り潰された部分がそれです)。
購読料国内3キャリアから販売されている画面サイズ7インチ未満の端末でご利用の場合以下の2つの新聞は、それぞれ当日の紙面に限って無料でご覧いただけます。
・産経新聞朝刊・ビジネスアイ
ただし、上記条件を満たしても、機種によっては技術的な理由から無料で購読いただけない場合があります。この点はご了承ください。なお、無料閲覧の場合、バックナンバーやスクラップ機能はご利用いただけません。
上記条件に合わないタブレット端末等でご利用の場合は、購読手続きが必要です。どの条件の端末でも当日の1面だけは無料でご覧いただけます。
購読料
・産経新聞1,575円・フジサンケイビジネスアイ945円

※SANKEI EXPRESS紙休刊のお知らせSANKEI EXPRESS紙は、3月末日をもって休刊となります。本アプリ上での新規購読は停止させていただきました。ご了承ください。
購読中の方の自動更新は2月をもって停止します。原則的に、お客様ご自身で停止作業をされる必要はありません。
なお、その時点で購読されているお客さまは、どなたも3月末日の紙面まではお読みいただける予定です。
定期購読購読期間は1カ月。バージョン2.0.9からは自動更新型の定期購読になりました。2.0.9以降にアップデート後に購読手続きをしたものから定期型に変更になります。
※定期購読を止めたい場合、Google Playのこのページで、「解約」を選んでください。
なお、定期購読をされた方は、同一のGoogle ID、パスワードを設定した複数の端末で新聞をご覧いただくことができます。
お願い端末のメニューの中から「問い合わせ」を選んでいただくことでメールでお問い合わせをいただくことができます。その際、弊社サポートセンターのパソコンからのメールを受信できるアドレスをご利用ください。
AndroidOS 2.3以降の対応となります。このため、AndroidOS 2.2の端末ではアップデートはできません。